○名古屋市臨海部防災区域建築条例施行細則

平成2年12月28日

規則第131号

(趣旨)

第1条 この規則は、名古屋市臨海部防災区域建築条例(昭和36年名古屋市条例第2号。以下「条例」という。)第3条第2項の規定に基づき、種別区域の指定に関して必要な事項を定めるものとする。

(種別区域の指定)

第2条 条例第3条第2項の規定に基づく臨海部防災区域の種別区域は、次の通りとする。

(1) 第1種区域 港区のうち市長が定める区域

(2) 第2種区域 中川区のうち関西本線以南で庄内川以西の市街化調整区域以外の区域(庄内川、新川及び一般国道1号に囲まれた区域を除く。)、南区のうち東海道本線以西の区域及び港区のうち市街化調整区域以外の区域(第1種区域及び第3種区域を除く。)

(3) 第3種区域 熱田区のうち一般国道1号以南で堀川以西の区域、中川区のうち一般国道1号以南で新川以東の市街化調整区域以外の区域及び港区のうち市長が定める区域

(4) 第4種区域 中川区のうち関西本線以南の市街化調整区域及び港区の市街化調整区域

附 則

1 この規則は、平成3年1月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 改正後の名古屋市臨海部防災区域建築条例施行細則第2条第1号及び第3号において市長が定めることとされている区域は、この規則の施行前に、市長が定めてこれを告示するものとする。

3 名古屋市建築基準法施行細則(昭和31年名古屋市規則第58号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成6年規則第21号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

名古屋市臨海部防災区域建築条例施行細則

平成2年12月28日 規則第131号

(平成6年1月1日施行)

体系情報
第12類 設/第3章 築/第1節 建築指導
沿革情報
平成2年12月28日 規則第131号
平成6年 規則第21号